« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

今週の『救命な大泉洋』2/15 Tue.+ドリカムの「何度でも」

今週の大泉さんは喧嘩シーンで大奮闘。

でも、ボランティアの子にきくセリフで
「ヒッチハイクで?」っていうのはなんか微妙だったなー。
むしろ「カブで?」とかのほうがおもしろかったのにね。

それと、最後のプレゼント告知も見てて辛かった・・・

がんばれ~大泉洋~


そして、
絶賛鑑賞中(笑)の『救命病棟24時』で毎週観ていて印象的なのがエンディング、
ドリカムの「何度でも」
いつもドラマが終わった後、ちょっと切ない気持ちになる。

バックにうつる東京の街とかも好きです。

大泉さんもプレゼント告知をしていたドリカムの「何度でも」
そんな、CDがもうすぐ発売!!

>> 2/16 OnSale!! <<

iPod shuffle にいれて通勤のおともにしたい。

何度でも
ドリームズ・カム・トゥルー 吉田美和 中村正人

ユニバーサルJ 2005-02-16
売り上げランキング : 52
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホントに輝けるのか!?『日本ブログ大賞2005』 審査結果発表は3月をまて!

ブログ元年と言われた去年に引き続き、
今年は『輝く!日本ブログ大賞2005』というブログの盛りあがりを象徴するイベントがある。

なんでも、

~ブログ界の「日本レコード大賞」!? 「輝く! 日本ブログ大賞 2005」堂々オープン!~

このプロジェクトは、日本を代表するブログサービスが一丸となってイベントを行うことで、ブログの認知を高め、ブログシーンをさらに盛り上げることを目的としています。

   ~ <中略> ~
そこで、誰よりもブログを愛するプロジェクトメンバーがここに集い、ブログ界をさらに盛り上げるため、サービス・プラットフォームを問わず、おもしろいブログを選出し、「日本ブログ大賞」として表彰します!


ということで、
レーベルをとっぱらったということは評価できる点です。
あとは、受賞作のクオリティというところかな。
応募数にも注目したいね。

スケジュールはこちら↓

2005年1月27日 公式ブログオープン、コメント&トラックバックによる応募受付開始
2005年2月20日 コメント&トラックバックによる応募受付終了
2005年3月    審査結果発表!


ちなみに、おーばかにもこのブログもエントリーしてみちゃいました。
何事も参加することに意義があるっていうしね。

ブログを持ってるっていう方はとりあえず参加してみては?


 こういうのって楽しいんだよね。

輝く! 日本ブログ大賞 2005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥さん!『佐倉亮太役 大泉洋の“この人だ~れ?”』は見ないと!

大泉さんが好演中の「救命病棟24時」
ネット社会の時流に乗り遅れず公式ホームページがあります。

結構作りこまれているほうじゃないかな。

いい仕事してます。(←ふるい)


んで、
そのページ上で大泉洋が更に“いい仕事してます”。(←ふるいって)

スペシャルのタブで切り替えてみてください。
そこには、
『佐倉亮太役 大泉洋の“この人だ~れ?”』というスペシャル・コーナーが!!


看護師、佐倉亮太役で活躍中の大泉洋さんが、ドラマスタッフに直撃インタビュー!
親しいスタッフから、初めて話すスタッフまで『救命病棟24時』ならではの苦労話や、時には私生活にも踏み込みます。
まさに、スペシャル特別企画!!

今は、File2で助監督の宮木さんに大泉さんがインタビューしてます。
Fileはどんどん更新されていくみたいなので、毎週チェックしましょう。
たしかFile1は美術さんだったかな。

 私も大泉さんの空き時間に相手してもらいたいね。
 しかし10時間まちって、、、

 大泉さんガンバレ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■■今週の『救命な大泉洋』2/8 Tue.■■

8日は用事があった為、リアルタイムでは観れませんでした。
なので、
ビデオ録画したものを後で鑑賞。

今週は大泉さん出番少なかったね。
でも、でも、ストーリ的には感動~。
あのお父さんも良い味だしてたよ。
今更ながら「救命病棟24時」はいいドラマだね。
大泉さんの出番が少なくてもいいよ。

でもな、
来週は大泉さんの出番多いといいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大泉洋が「救命病棟24時」にでたらこーなった。(BlogPet)

きのうmauiの、祝が2すればよかった?
mauiは、

【祝!「救命病棟24時」スタート】遅れましたが「救命病棟24時」スタート】遅れましたが「救命病棟24時」スタート】遅れましたが「救命病棟24時」スタート】遅れましたが「救命病棟24時」スタート】遅れましたが「救命病棟24時」のハナシ。

といってました。

*このエントリは、BlogPetの「PUPUKEA」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「救命病棟24時」もいいけど、
「1×8いこうよ!」の大泉洋もいいよね!!

北海道のSTV札幌テレビ放送で日曜夕方に放送している
大泉洋出演の「1×8いこうよ!」がとうとう本州でもOA開始しました!

大泉洋とSTV 木村洋二アナウンサーが道内各地でロケを行う、
5周年をむかえてしまった番組です。

過去には、「カレー博」に斬新なカレーを出品して話題沸騰に。
大泉さんの奮闘が見所(!?)です。

ちなみに、番組名「1×8いこうよ!」の意味は、

STV放送会館の住所「札幌市中央区北1条西8丁目」が由来。隣接する「札幌メディアパーク・スピカ」でイベントを行っているため「北1条西8丁目に行こうよ」という意味と、「イチかバチか」のダブルミーニングで命名されました。

他にも、企画内容やオープニング曲についての答えは→こちら

んで!
関東で観れるのはこの2局。

「サクサク」も好評
[TVKテレビ神奈川] 毎週金曜日 23:00

[TVSテレビ埼玉] 毎週木曜日 25:00


OAはどちらの局も2001年放送の「旅の達人」シリーズだそうです。
先週は「N.Y.編」でした。
New Yorkといっても、そこは。。。


こっちのローカルな大泉洋もいいよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■■今週の『救命な大泉洋』2/1 Tue.■■

大泉洋の「ピリピリ」演技はどうだったでしょうか?
微妙。。。

でも、「ピリピリ」した病院内を大泉さんがなごます設定で、
ちょっとおいしかったね。
手術シーンのまじめな顔もなかなかだった。

しかしっ、進藤先生かっこいい。
あんな危機的状態であんな人がいたら
そりゃかっこいいよな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大泉洋の動画が観れる!

おっと、こんなのあったね~
今さらながら記事にしちゃいます。

今はあんな真面目なドラマで真面目に、
でもちょっと3枚目な看護士役を熱演している大泉さん。

そんな大泉洋が北海道のローカルスターだった頃(2003年)に、
あのジブリの「茄子 アンダルシアの夏」の主人公・ペペの声を担当していたんですね。
(一部(藩士)では有名な話しです。)

で、
「茄子 アンダルシアの夏」DVD コレクターズ・エディションが発売するにあたり、
vapのサイトで大泉さんのコメントがのっけられたのが


 コレです!

大泉さんがしゃべってます!!
あの調子で(笑)
わらう~
しかも、白襟がカワイイ


大泉さんのちょっと若いころが観れるので
大泉洋ファンなら必見!?


■■『茄子 アンダルシアの夏』のDVD■■

茄子 アンダルシアの夏
茄子 アンダルシアの夏

茄子 アンダルシアの夏 コレクターズ・エディション
茄子 アンダルシアの夏 コレクターズ・エディション


| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『ターミナル』な生活

空港って独特の雰囲気がある。
特にインターナショナル・エアポートは、
多種多様な人種がいて不思議な空間。

ワタシは空港にいくとだいぶ緊張して、ちょっと興奮する。
ドキドキ。ワクワク。

そんな空間だ。


「ターミナル」では、
そんなトコロにトム・ハンクス演じるビクター・ナボルスキーは
足止めをくらって9ヶ月間も滞在する。

しかも、言葉も通じない、持ってる通貨も使えない。
ある1つの信念だけを持って彼は言う
「I wait here.」

このセリフのシーンはすごい感動した。
“wait”って簡単に言うけど簡単じゃない。
その間に言葉を覚え、仲間を作り、仕事を持ち、恋をする。
すごいドラマチック。(← ま、映画だからね。)
トム・ハンクスの演技もすばらしく、監督がスティーブン・スピルバーグというだけあって
期待にちゃんと応えてくれた映画だと思う。

映画館でみた予告だけで感動して、
絶対観にいくって思ったくらいで。

いやいや、トム・ハンクスの映画はどれも好きだけど、
この映画も好きになりました。


で、
あの警備局長(代理?)役の人、どこかで見たことがあるんだけど。
思い出せない。。。う~ん。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海のチカラ(BlogPet)

PUPUKEAがmauiがうさぎに期待するはずだったの。


*このエントリは、BlogPetの「PUPUKEA」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »